HOME | 転職テクニック | 40代の転職活動 「辞めてからはNG」の理由は?

40代の転職活動「辞めてからはNG」の理由は?

今回は40代の転職活動「辞めてからはNG」の理由は?というテーマでお話をしてみたいと思います。

転職活動をしたいけれども、仕事が忙しくて面接に行けない・・
という方も多いと思います。果たして、40代の転職活動は辞めてからがいいのか?それとも現職中がいいのか?どちらなのでしょうか。


目次

 

・40代の転職活動は現職中が断然有利
・辞めてから転職活動をしていいのは?
・在職中に転職活動をうまく進めるためには?
・まとめ

 
 
 

40代の転職活動は現職中が断然有利

まず初めに結論ですが、40代の方が転職活動をする際に、現職中に転職先を決めるのが断然有利です。

辞めてから転職活動をすると、面接での心象が悪くなったり、あるいは金銭的な負担が大きくなったりしてかなり不利になります。面接での心象が悪くなるというのは、面接官は面接をしながらもその応募者の社会性などを見ています。

40代の転職活動というのは、20代~30代と比べ、ハードルが高く、長期間に渡ることが多々あります。半年以上転職活動に費やすこともけっこうあるものです。そのような点から、面接官は「転職が苦戦するかもしれないのに、この応募者の方は大丈夫なのかな!?」と思ってしまうのです。

特に、扶養家族がいる場合には、無職になったときの収入はどうするのか、といった金銭面の懸念が出てくるのです。

また、転職活動に長期間時間を要してしまうこともありますので、面接官としては応募者に「リスク見積りが大丈夫なのか?」という印象を抱いてしまうのも事実です。

 
 
 


辞めてから転職活動をしていいのは?


例外的に辞めてから転職活動をしていい職種があります。

それは、個人事業主として生計を立てられる人」です。


具体的には、IT系のシステムエンジニアやシステム開発の要件定義をするコンサルタント、あるいは士業(国家資格保持者)などです。

これらの職業の方は、フリーランスで生計を立てられることもあり、会社を辞めてから独立して個人事業主として活動していることも多いです。業界的にフリーランス(個人事業主)として生計を立てているケースが普通な場合には、会社を辞めてから転職活動をするのは問題ありません。

 
 
 


在職中に転職活動をうまく進めるためには?


繰り返しになりますが、40代の転職活動は在職中にするのがベストです。会社を退職後に転職活動をするのは不利になる可能性が高いので止めましょう。

「在職中は忙しくて転職活動どころじゃない!」という方は転職活動をうまく進めるための手段を考えましょう。最近は早帰りを進める企業も多くなり、夜間や休日の面接に対応してくれないことが標準的になってきました。特に、面接は夜18時開始ぐらいが遅い最後の時間帯といえます。

こういった状況の中で、転職活動をうまく進めるには以下の点を踏まえましょう。

 


1)オンライン面接を有効活用する


在宅勤務やリモートワークが一般的になってきたので、転職活動の面接もオンラインで行われることが多くなってきました。自宅で仕事中に転職の面接に参加するといったこともできるようになっています。

出社している方でも、仕事の合間に会社を抜け出し、カラオケボックスから転職の面接に参加する方までいます。比較的、静かな場所であれば、オンライン面接をすることができます。

オンライン面接は時間や場所を選ばずにできますので、ぜひ有効活用して選考に参加しましょう。

 


2)振替休暇や代休を活用する


「転職活動の面接は日中に行われるため参加しにくい」「有給休暇を取りづらい」という方は、振替休暇や代休を使うという方法もあります。

「仕事を片付けるので休日出勤する」という形で休みに仕事をし、その代わりに平日に休暇を取得、転職活動に時間を使うという方法です。突然、有給休暇を使うと、「転職活動をしてるのでは?」と怪しまれることがありますが、振休や代休ですと、その疑いは持たれづらいです。

 
 
 


まとめ


今回は40代の転職活動「辞めてからはNG」の理由は?というテーマについて考えてみました。若手の転職活動ですと、「勢いで会社を辞めてしまった」という場合でも多めに見てもらえます。

しかしながら、40代の転職活動では、ビジネスの経験や常識が求められますので、会社を辞めてからの転職活動はマイナスポイントが大きいのです。

40代の転職活動はリスク管理が重要になってきます。転職活動が長期にわたる可能性や、自分の経歴が企業にどのような印象を与えるのか?といった点など、細部にまで気をつけて臨む必要があります。


doda


リクルートエージェント


パソナキャリア


エン・ワールドジャパン