HOME | 転職テクニック | 40代の転職活動で知っておくべきこと

40代の転職活動で知っておくべきこと

今回は「40代の転職活動で知っておくべきこと」という内容でお話しします。

筆者は、人事担当者で今までに40代の方の面接を多く担当してきました。また自身も40代で転職した経験があります。今回は採用担当者の視点と、自身の転職経験も踏まえ、まず転職活動をする上で押さえておきたい事柄をお伝えします。


40代の求人を募集する背景


まずはじめに考えてほしいことは「なぜ企業は40代の求人を募集しているのか?」という理由です。

募集の背景としては、


・人員構成で40代が不足しているから

・スキルと経験のある人材がほしい(即戦力)・現職の管理職が退職してしまった。

こういった点があります。良い面と悪い面があるものです。



このような前提を踏まえ、選考ではどのような点が見られるかといえば、

 

・募集している職種のスキルと経験
・短期間で結果を出せるか?
・管理職として部をまとめられるか?

 

40代の転職希望者が選考で判断されるのは、上記のようなスキル、能力となります。



マネジメント経験かスキルの高さか


40代の転職希望者に求められるものは、スキルの高さ、もしくは管理職としての能力になることが多いです。スキルの高さというのは、その職種について深い知識と経験があることです。

 
メーカーの技術職など、代わりが効きづらいポジションであれば、管理職経験がなくても内定する可能性もあります。これはいわゆる、専門家的(=職人的)な人物を採用したい場合です。

もう一方は、管理職としての能力です。これは、プレーヤーとしてのスキル・経験だけでなく、数人を率いて部をまとめ上げたことをいいます。


書類選考で重視されるポイント


次に、書類選考でどのような点が合否のポイントになるのかを考えてみます。先ほどお伝えした、スキルの高さ、管理職としての能力のほかには、以下のような点があげられます。

 

・新しい環境に溶け込めそうか

・学習意欲はありそうか

 
これら2つの共通点は、「新しいことに抵抗を示さず適応できるか?」という点です。
 

40代になると、ビジネスパーソンとしてある程度、形ができあがってきています。考え方や仕事へのスタンスなど、なかなか変化をしづらい年齢でもあります。

 

自分の仕事のスタイルにこだわりが強かったり、環境の変化に適応できないと、転職をさせるのはなかなか難しいでしょう。選考では、このような点を意識して、新しい環境にも適応できるという前向きな姿勢をアピールするのが良いでしょう。


ときには年収ダウンも覚悟しておこう


40代の転職活動である程度、頭に入れておくことは年収が下がる可能性があるという点です。一般的に、大企業から中小企業に転職するときには、年収が下がることが大半です。

 

そのため、選考時に「年収は下げたくないです」という姿勢であれば、その時点でNGになることが多いでしょう。



応募している職種と、自身のスキルがほぼ合致しているのに、なぜか書類選考が通らない・・・このような時は、年収がネックになっている可能性が高いです。中小企業であれば、入社後の昇格により年収がアップすることもありますので、入社の時点での年収は低くなることも想定しておきましょう。

年収ダウンしても構わないので、まず転職活動を成功させたいという方であれば、選択肢は一気に広がります。


面接で気をつけること


書類選考を通過して、晴れて面接に進んだとします。40代の方の書類選考の通過率はそれほど高くありませんので、企業側はかなりしっかりと書類選考をしています。

 

書類選考を通過した時点で、油断は禁物ですが、内定する可能性はあると考えてよいです。面接では、応募書類に記載されている内容(スキル、経験のチェック)の確認と、人物面が判定されると思ってください。

 

面接の担当者は、書類を非常に細かく読んでいます。面接に臨むときには、職務経歴書の内容について、どのような質問がきても答えられるように準備をしてください。

 
面接で気をつける点としては、
 
 

・服装や持ち物等、身なりに気をつける
・協調性や新しい環境への適応能力をアピール
・スキルの高さが伝わるよう簡潔に成果を話す
・管理職経験にも触れる

 
このようなことを意識しましょう。
 

面接では、「簡潔にわかりやすく話す」ということを念頭においてください。筆者も採用担当として多くの方を面接していますが、話が長いとあまり印象が良くないだけでなく、話のポイントがわかりづらくなってしまいます。

 

ですので、面接の準備では、どうしたら「簡潔にわかりやすく伝えることができるか?」を考えながら対策を考えてください。