HOME | 転職エージェント | 転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトと転職エージェントの違いは?

今回は、転職サイトと転職エージェントの違いについて説明します。40代のビジネスパーソンが転職活動で結果を出すためには、転職エージェントの活用が不可欠です。この記事を読み、転職活動に役立ててください。


転職サイトとは


転職サイトとは、求人広告がたくさん載っているインターネットのサイトのことです。求人を募集する企業が転職サイトに広告を出し、その転職サイトの求人広告を見た転職希望者が選考に応募します。

 
転職希望者が選考に応募すると、企業から書類選考の結果や面接の連絡がきます。
 
 
転職サイトの特徴
中途採用で多くのスタッフを募集している企業が使っています(サービス業、飲食業など)



転職サイトのメリット 〇

人気のある企業がスタッフを大量に募集するときは、転職サイトで求人を出すことが多いです。大都市圏だけでなく、地方の中小企業の求人を探す時には便利。若い年齢層の求人が大多数になります。
 


転職サイトのデメリット ×

数多くの求人が掲載されているため、自分に合った求人を探すのが大変です。転職サイトは求人広告を掲載しているインターネットのサイトであるため、転職希望者はサイト上で、自分で企業とコンタクトを取り、面接の日程を調整したりする必要があります。仮に、転職サイト上でトラブルが起きたとしても、自分で解決しなくてはいけません(転職サイトが間に入って解決してくれない)

 
 


転職エージェントとは


転職エージェントは、企業と転職希望者のマッチングを行う人材紹介会社のことです。転職エージェントは、求人の案件をたくさん扱っており、転職希望者に求人を紹介してくれます。


転職希望者は転職エージェントに自分の経歴を登録します。転職エージェントは、求人を募集する企業と、転職希望者のマッチングを行い、お互いの希望条件が合致したら、企業に転職希望者を紹介します。転職希望者は無料で各種のサービスを使えます。



転職エージェントのメリット 〇

転職エージェントは求人を募集している企業の情報を詳しく持っていることが多いです。それぞれの企業の社内のカルチャーやどんな人が働いているかなど、部外者にはわからない情報を入手しています。そのため、転職希望者に様々な選考対策を無料で提供しています。

職務経歴書の添削や、模擬面接など、転職活動を進める上でキーとなる対策を無料でしてくれます。


転職エージェントのデメリット ×

転職エージェントごとに得意分野、不得意分野があるため(若手の転職が得意、IT系の求人に強い等)、転職希望者は、特徴を理解した上で利用しないと、まったく求人を紹介してくれないことがあります。

また、転職エージェントに登録すると専門のアドバイザーが担当としてつきますが、この担当者との相性も重要になります。

 
 


40代の転職活動では転職エージェントをうまく使おう


40代の転職活動では、転職エージェントを活用しながら情報収集や応募先を決め、選考に臨みましょう。転職サイトは年齢層が若めの求人が多く、書類選考が通らないことが想定されます。


また、転職エージェントに求人を出している企業の方が、ある程度、採用にかけるお金があると判断できるため、信用度が高い企業が多いことも事実です。

 


転職エージェントの使い方


転職エージェントは無料ですべてのサービスが利用できます。転職エージェントに登録すると、面談の案内がきます。オンラインもしくは対面で、1時間程度、専門のアドバイザーと面談をします。


この面談で、
・いままでの経歴・どのような会社を志望しているか

・待遇面の要望

など、転職活動で求めることがらなどを専門のアドバイザーとすり合わせます。転職希望者の求めることがらにマッチした求人があるときには、求人を紹介やその会社の情報提供をしてくれます。

転職希望者が紹介された求人に応募するときには、アドバイザーからの推薦文を添え、選考がスタートします。転職エージェントは選考の日程調整や、内定になったときの待遇交渉、入社時期の決定などもしてくれます。

また、応募書類の添削や、面接対策なども行ってくれます。転職活動を始めるときには、まず、いくつかのエージェントに登録し、専門のアドバイザーと面談に行ってみましょう。


リクルートダイレクトスカウト


doda


MS-JAPAN


パソナキャリア